目の不自由な方のための、はじめてのiPhone使い方教室

ソフトバンク主催の「目の不自由な方のための、はじめてのiPhone使い方教室」を取材しに、アップルストア銀座に行ってきました。

ソフトバンクでは視覚障がい者向けにiPhoneが使えるようになるアプリを提供。その説明とレクチャーが行われました。

ソフトバンクでは「情報革命で人々を幸せに」というのを使命としていますが、まさにiPhoneで視覚障がいの方を少しでも幸せにしようとしている姿勢が見えてよかったです。

スマホこそ、身体の不自由な人のために役立つ存在になるべきだと実感しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る