東京モーターショーで見つけたモバイルなモノ

10月30日から一般公開が始まる第44回東京モーターショー2015に行ってきました。

DSC00689

28日はプレスデーではありましたが、VIP関係者も数多く参加しており、モバイル関係では某キャリアの社長さんがITS関連を視察していたり、某スマホメーカーの社長さんがトヨタのEVを熱心にスマホで撮っている姿が印象的でした。

クルマやお姉さんの紹介は別の媒体に譲るとして、モバイル関連でいえば、エフエム東京のブースで、V-Lowマルチメディア放送に対応したSIMフリースマートフォン「i-deo」が展示されていました。 2016年3月から放送が始まるということで、アマネク・テレマティクスデザインという会社のコンテンツの説明を受けたのですが、「それって、V-Lowじゃなくて、LTE通信で配信すれば良くない?」というツッコミをぐっと抑えるのに苦労しました。

また、YAMAHAブースでは、ソニーの「スマートヘルメット」が展示されておりました。

デモ映像では、目の前に様々な情報が表示されつつ、ヘルメットの中でも高音質な音楽が楽しめ(周りの音もそれなり聞こえる)、またバイクの背後に内蔵しているカメラ映像も目の前に表示されて安心して運転できるというのを売りにしておりました。ソニーが持つヘッドマウントディスプレイや、スマートウォッチの技術を応用した感じですね。

ロボット関連もいくつか展示されていたので、それはまた別の媒体でご紹介します。

DSC00632

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る